日々の出来事 続日本100名城

古宮城と亀山城

投稿日:

2019年5月11日
続日本100名城の古宮城へ愛知県・新城市作手へ。
城へ行く前に「作手歴史民俗資料館」で情報収集。

歴史民俗資料館で古宮城の説明書きを入手し資料館の人に話を聞いたところ
約450年前から変わらず縄張りが残っている全国でも珍しく貴重な城で
小和田先生も驚かれたそうです。また、この城跡は私有地とのことで
看板などで説明書きを建てれないそうで、現在、交渉中との事でした。

城跡へは、白鳥神社の鳥居をくぐっていきます。

境内は大木がありいかにも神社らしい感じですが、もし、一人で来ていたら
ぞーっとするような少し怖い感覚でした。他の観光客もいなかったので。

境内を横に小高い丘を登るとでーーんと構えていいる大きな木。「大ヒノキ」
この大木だけ目立っておりその他の木は何本も同じようにうっそうと城跡にはえてました。

古宮城

武田信玄が三河進出の拠点とするために、馬場美濃守信房に命じ1571年(元亀2年)に築城したと伝えられている。中央部が南北の竪堀状の大堀切で東西の二城に分けられた一城別郭式の城

何も案内看板がないので、歴史民俗資料館で「古宮城縄張図」をもらうのは必須です。
これがないと木がいっぱい生えてるだけの小高い丘を登ってるだけになってしまいます。
この縄張図を見ても正直よくわかりませんでした。
私有地なので現在交渉中との事ですが、交渉がうまく行くことを願います。

たぶんこれが、大堀切だと思います。
ここを起点に左右に分割されてるがわかったので。

続いて、古宮城から約1.2km南にある「亀山城」へ。
その前に、道の駅「つくで手作り村」で昼食にします。
レストラン「味採館」で一番人気の「ハヤシライス」をいただきます。

作手高原トマトを使ったハヤシライスとの事で、酸味がきいたさっぱりした味わいでした。

ここからフジのゲートを通って徒歩で亀山城へ向かいます。

つくで手作り村では明日5/12に古城まつりが開催されるようで、旗がたくさん
かかげられており、広場ではいろいろと準備が進められていました。
明日は、楽しいまつりになるのでしょうね。

亀山城

1424年(応永31年)奥平貞俊が、川尻城から移り、その後、貞久・貞昌・貞勝・貞能・貞昌の5代が居城した。

本丸

亀山城は良く整備されており、曲輪や本丸、二の丸、大手などとてもわかりやすく
当時を偲ばすことができる保存状態を保存されております。

二の丸から見た本丸入口

今回は続100名城の「古宮城」を見に行きましたが、きちんと説明看板など
整備された状態を待ち望みます。

0

-日々の出来事, 続日本100名城
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グリーンピア牧之原 可睡斎

2016年5月1日 新緑が美しい季節になりました。 日本一のお茶畑が広がる牧之原とお寺にいってきました。 グリーンピア牧之原 可睡斎

浜松フラワーパーク 藤の花

2016年4月24日 浜松フラワーパークで藤の花が見ごろになったので 見にいってきました。

浜名湖・弁天島 2018正月

2018年1月2日 浜名湖・弁天島

no image

真富士山

2015年5月16日 真富士山へ登山してきました。ずっと霧の中、ミスト状態でした。 <コースタイム> 登山口(30分)黒部沢源流(20分)ヲイ平(40分) 第1真富士山(10分)真冨士峠 (30分)第 …

梅園2019『相良梅園』

2019年2月17日 あと少しで冬も終わり花が咲いてくる時期が近づいてきました。 その最初のイベントが梅園の花見。 今年は牧之原市にある『相良梅園』に行ってきました。 山の中にあるこの梅園は約700本 …